Go To トラベル キャンセル料の補償が決定 最新版

Go To トラベルキャンペーン キャンセルイベント

急遽Go To トラベルキャンペーンから除外された、東京都民、東京都発着の旅行のキャンセル料が当初自己負担と言われていましたが、7月21日に国がキャンセル料を負担することが発表されました。

スポンサーリンク

補償対象となる旅行

補償の対象となる旅行は、7月10日~7月16日(17日)までに、旅行代理店やインターネットを通じて予約されたものに限ります。

東京都民だけでなく、東京へ向かう旅行なども対象になりますので、予約をされた全国の方が対象になります。

スポンサーリンク

補償金の請求方法

7月22日までに発表予定。
こちらは決定次第、随時更新させて頂きます。

旅行代理店等に政府からキャンセル料が支払われるので、利用者の手続きは特にない場合もあります。

問題点

消費者に関する問題点は、予約した曜日が対象となるかどうか、予約先が補償の対象となっているかどうかがポイントになります。

事業者の方は、キャンセル料に含まれるのものは何かというのが最も気になる部分です。
政府の発表ですと食材の調達費、それにかかわる経費などの説明が上がっていますが、どこからどこまでが含まれるのか不透明な部分が多すぎるように思います。

消費者に請求するのと同じ金額を補償すれば良いのではと思うのですがどうなるでしょうか。

まとめ

コロナウィルスの感染拡大状況によっては、Go To トラベル事業自体が途中で内容に変更が行われるかもしれません。
(変更があり次第、随時更新して行きます)

今後夏休み等に向けてご旅行をご計画の方は、いつでも柔軟な対応が出来るように旅程を組まれることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

なお、Go To トラベルキャンペーンについてはこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました