Canon キャノン 無料年賀状ソフト Creative Park と Easy-PhotoPrint Editor でオリジナルの年賀状を作ろう

キャノン Creative Park 使い方年賀状

今回、無料で年賀状を作成するための方法としてご紹介させて頂くのが、Canonが提供する「Creative Park」と「Easy-PhotoPrint Editor」になります。

この2つにはそれぞれ異なる役割があり、

Creative Park:年賀状のテンプレートを探してダウンロード
Easy-PhotoPrint Editor:ダウンロードしたテンプレートを編集・印刷

という役割になっています。

年賀状を作成するには、この2つを使い分けて作成するのですが、使い始めるまでに幾つかの手順が必要になります。

皆様がご利用になられる際に、スムーズに利用できるように、順番にご説明させて頂きますので、ご参考にして頂ければ、幸いです。

Easy-PhotoPrint Editor を利用して年賀状を印刷するには、Canon製のプリンターが必要になります。

他社のプリンターでは印刷することが出来ませんのでご注意ください。

キャノンプリンターの選び方については、こちらでご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

Creative Park とは

Creative Parkとは、Canonが無料で提供するプリンターと連動した、「ペーパークラフトサービス」です。

年賀状の作成はもちろん、各種ハガキの作成、動物やおもちゃのペーパークラフトの作成、ステッカーやカードの作成など、様々な用途に利用することが出来ます。

スポンサーリンク

Easy-PhotoPrint Editor とは

Easy-PhotoPrint Editorとは、Canonが提供する印刷を簡単にするためのアプリケーションソフトです。

写真やテンプレートを選ぶだけで、ご自宅で簡単に印刷することが可能です。

また、ハガキやカードにとどまらず、ポスターやカレンダー等を印刷することが可能です。

利用するための手順

年賀状印刷までの手順
  • 1
    Creative Park にアクセス
  • 2
    Canon IDの作成
  • 3
    Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール
  • 4
    Creative Park でテンプレートを選択
  • 5
    Easy-PhotoPrint Editor で編集・印刷

Creative Park にアクセス

Creative Park

出典:Canon Creative Park

まずは「Creative Park」のトップページにアクセスします。

右上に「Canon IDでログイン」という場所がありますので、こちらをクリックします。

Canon IDの作成

Creative Park ID 作成

ログイン画面が表示されたら、一番下の「Canon IDアカウントを作成する」をクリックします。

今回はメールアドレスを使用してIDを作成します。(推奨)

GoogleやFacebook、Twitter、Apple、LineのIDでログインしても構わない方は該当する部分をクリックしてください。

すでに「Canon ID」をお持ちの方は、この後の操作は必要ありますので、この画面でログインして次にお進みください。

Creative Park ID 作成

同じような画面が表示されますが、今度は赤い部分が「メールアドレスで登録する」に変わっていますので、こちらをクリックします。

Creative Park ID 作成

赤い枠線の中の「性・名・メールアドレス・パスワード」を入力します。

入力が終わったら、一番下にある「アカウントを作成する」をクリックします。

Creative Park ID 作成

メールアドレスの確認画面が表示されますので、間違いがなければ「正しいです」をクリックします。

Creative Park ID 作成

製品の登録画面が表示されますので、Canon製品をお持ちの方は登録されても良いかと思います。

無理に登録する必要はないと思いますので、通常はそのまま「つづける」ボタンをクリックしてください。

Creative Park ID 作成

登録が無事に完了した場合はこちらの画面が表示されます。

なおメールアドレスに間違いがあった場合でもこの画面は表示されますので、登録したメールアドレスの受信ボックスを必ず確認してください。

Creative Park ID 作成

受信ボックスにこのようなメールが届いていたら、メールアドレスの登録は完了です。

メールアドレスを確認する」ボタンをクリックします。

Creative Park ID 作成

新しいウィンドウで、メールアドレス確認完了画面が表示されますので、「つづける」ボタンをクリックします。

Creative Park ID 作成

再び、Creative Park のトップページが表示されました。

画面右上、赤い枠線の中が、「アカウントの確認」に変わっていれば、無事ログインが完了しています。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

ダウンロード

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

出典:Canon 年賀状特集2022

Canon年賀状特集2022のトップページにアクセスして、中程までスクロールします。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロードアイコンがありますので、お使いのPCに合わせて、Windows版、Mac版のどちらかをダウンロードします。

画像はChromeでダウンロードした場合の画像になります。

左下にダウンロードしたファイルが表示されますので、こちらをクリックします。

ダウンロード画面が表示されない場合や、ダウンロードが上手く出来ない場合は以下のアドレスからダウンロードしてください。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

Chromeをお使いでない場合や、ファイルが見当たらない場合はPCのダウンロードフォルダを開きます。

「epd_-win-1_6_1-ea20_4」と書かれたファイルがあると思いますので、こちらをダブルクリックします。

万が一、ダウンロードフォルダにこちらのファイルがない場合は、再度ダウンロードしてください。

インストール

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

インストールが始まると、まず最初に「ようこそ」画面が表示されます。

注意事項が記載されていますので、一通り読んで頂いたら、「次へ」をクリックします。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール
Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

あなたが住んでいる地域を、「地域」「」ごとに選択します。

選択が完了したら、「次へ」をクリックします。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

使用許諾契約書が表示されますので、同意する場合は「はい」をクリックします。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール
Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

インストールが始まり、無事に完了するとインストールの完了画面が表示されますので、「完了」をクリックします。

Easy-PhotoPrint Editor のダウンロード&インストール

デスクトップにアイコンが作成されていれば、無事インストール完了です。

スポンサーリンク

Creative Park でテンプレートを選択

Creative Park でテンプレートを選択

出典:Canon 年賀状特集2022

Canon年賀状特集2022のトップページにアクセスします。

幾つかのテーマに分かれていますので、好みのテーマをクリックしてください。

今回は、フォーマルをクリックします。

Creative Park でテンプレートを選択

フォーマルなテンプレートだけでも60件以上用意されています。

今回は例として、一番最初に表示された、「〈無料〉定番 01 挨拶文あり 年賀状」をクリックします。

Creative Park でテンプレートを選択

選択したテンプレートが拡大されます。

テンプレートをダウンロードするにはオレンジの「ダウンロード」ボタンをクリックします。

なお、テンプレートにデフォルトで記載されている「あいさつ文」が不要な場合は、「なし」を選択すると、あいさつ文の部分は空欄になります。

この部分には後で他のあいさつ文を入力したり、オリジナルのあいさつ文を入力することも可能です。

Creative Park でテンプレートを選択

ダウンロードしたテンプレートは、ダウンロードフォルダに格納されます。

後で編集するときに分かりやすいように、専用のフォルダを作成して、そちらに移しておくと後で楽だと思います。

他にも気になるテンプレートがある場合は、事前に幾つかダウンロードしておきましょう。

Easy-PhotoPrint Editor で編集・印刷

印刷

Creative Park でテンプレートを選択

最初に、Easy-PhotoPrint Editor を起動すると、「使用状況調査」に同意するかどうか聞かれます。

これは、あなたがこのソフトを利用するにあたって、どんなOSを使用しているか、どの地域で使用されているかなど、様々な情報をCanonに送信することになります。

アプリケーションソフトがこのような情報を収集することは、他のソフトでも日常的に行われていることなので、神経質になるほどではありませんが、気になる方は「同意しない」を気にされない方は、「同意する」をクリックしてください。

「同意しない」を選択しても、Easy-PhotoPrint Editor が使えないということはありませんのでご安心ください。

なお、この設定はいつでも変更することが可能です。

Creative Park でテンプレートを選択

初回起動時のみ、テンプレートのダウンロードに若干時間がかかる場合があります。

Creative Park でテンプレートを選択

トップ画面が立ち上がったら、早速先程ダウンロードしたテンプレートを印刷していきます。

沢山の項目がありますが、まずは矢印の先にある、「写真レイアウト」をクリックします。

Creative Park でテンプレートを選択

写真レイアウトのテンプレートが表示されますので、「フチなし1面」をクリックします。

今回のテンプレートが縦型なので、こちらを選択しましたが、横向きの場合は左隣の「フチなし1面」を選択してください。

フチのある年賀状を印刷したい場合は、「フチあり1面」を選択してください。

Creative Park でテンプレートを選択

用紙サイズの選択画面が表示されますので、「はがき」を選択します。

Creative Park でテンプレートを選択

「写真の取得先一覧」画面が表示されますので、一番上の「パソコン・写真の選択」をクリックします。

Creative Park でテンプレートを選択

先程ダウンロードしたテンプレートを開きます。

Creative Park でテンプレートを選択

編集画面が立ち上がりました。

このまま編集せずに印刷する場合は、矢印の先にある「次へ」をクリックします。

Creative Park でテンプレートを選択

印刷画面が表示されました。

使用するプリンター、用紙サイズ、部数などを確認して右下にある「印刷」ボタンをクリックすれば、印刷完了です。

年賀状を印刷する際は必ず1枚、テスト印刷を行なってください。

印刷のずれや、印刷向きなど間違いがないか確認してから本番の印刷を行うようにしましょう。

編集

Creative Park でテンプレートを編集

先程はテンプレートに編集を加えることなく、印刷する方法をご紹介させて頂きました。

しかし実際の年賀状であれば、オリジナルな言葉を添えたり、スタンプを挿入したり、住所等を入力したい場合もあると思います。

そんな時は、赤い枠線の中にある編集ボタンを使えばあなただけのオリジナルの年賀状を簡単に作成することが可能です。

使い方もとても簡単ですので早速見ていきましょう。

テキスト

Creative Park でテンプレートを編集

テキストを追加するには、テキストボタンをクリックします。

すると「縦書き」か「横書き」の選択ボタンが表示されますので、ご希望の方をクリックしてください。

今回は「縦書き」をクリックします。

Creative Park でテンプレートを編集

「宜しくお願いいたします。」という文字を縦書きで入力してみました。

赤い枠線の中に、フォント、サイズ、色などの調整項目があります。

細かい微調整までは出来ませんが、フォントも様々な種類から選べるようになっていますので、無料のソフトとしてはかなり優秀な部類に入ります。

スタンプ

Creative Park でテンプレートを編集

「スタンプ」ボタンをクリックすると、右側に様々なスタンプが表示されます。

お好みのスタンプをクリックするとテンプレートにスタンプが挿入されます。

変更可能なのは、位置と大きさのみになります。

色の変更等は出来ませんのでご注意ください。

その他

他にも幾つかのボタンがありますが、実際に使用することはあまりないと思います。

必要に応じてご使用ください。

  • 画像:画像を選択して挿入します。
  • 背景色:背景の色を変更します。
  • テンプレート:テンプレート(フチあり、なし等)を変更します。
  • ページの追加:新しいページを作成します。

年賀状作成ソフト選びに迷ったら

年賀状作成ソフト選びに迷ったら、こちらをお読みください。

無料・有料年賀状作成ソフトを比較検討させて頂いております。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

Creative ParkEasy-PhotoPrint Editorを使って年賀状を印刷するまでの手順をご紹介させて頂きました。

使用するテンプレートを Creative Park で探して、ダウンロードしなくてはならないのが、少し面倒なところですが、慣れてしまえばそれほど苦にはならないと思います。

年賀状のデザインもとても洗練されているものが多く、無料とは思えないクオリティですので、多くを求めなければ満足できるものだと思います。

しかし、実は今回ご紹介させて頂いた Creative ParkEasy-PhotoPrint Editor を使って年賀状を作成する際の大きな問題は他にあるのです。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、宛名面」の作成機能が設定されていないのです。

せっかく通信面が印刷出来ても、宛名面が印刷出来なければ、手書きで書かなくてはならなくなります。

そこでこの、「宛名面」問題を解決する手段としてCanonが用意しているのが、「PIXUSはがきクリエイター」というアプリになります。

こちらはパソコン版はなく、スマートフォン用のアプリを使用して宛名面を印刷する方法になりますので、ご興味のある方はぜひこちらの記事も合わせてお読みになってください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

皆様の年賀状作成ソフト選びの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました