エプソン無料年賀状作成ソフト2022 Epson Photo+ PCインストール版 宛名面の作成方法

Epson Photo+ 年賀状 宛名面作成方法年賀状

今回もエプソンが提供する無料年賀状作成ソフト、「Epson Photo+」のご紹介です。

前回は通信面の作成方法についてご紹介させて頂きましたので、今回は「宛名面」の作成方法についてご紹介させて頂きます。

無料の年賀状作成ソフトとは思えないほどの管理の良さがとても魅力ですので、ぜひ一度利用してみください。

それでは早速ご紹介させて頂きます。

Epson Photo+を利用するには、エプソンのプリンターが必要になります。

プリンターがない場合は、ソフトをダウンロードしても利用出来ませんのでご注意ください。

エプソンのプリンター選びはこちらの記事でご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

Epson Photo+ の利用方法

Epson Photo+ をパソコンにインストールする方法や、基本の操作などは以下の記事にてご紹介させて頂いております。

本記事をお読みになる前に、ご覧頂くことをお勧めします。

スポンサーリンク

宛名面の作成方法

Epson Photo+ のホーム画面から、「ハガキ」をクリックします。

赤い枠線の中にある、「宛名面」をクリックします。

宛名面のレイアウトは、5つのパターンがありますので、用途に合わせてお選びください。

今回は、一般的な年賀状の宛名面、「縦書き」を使用しますので、一番左のレイアウトを選択します。

選択したら、右下にある「次へ」をクリックします。

用紙設定の確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

他の年賀状ソフトから、「住所録」をCSV形式またはecn形式のファイルで保存している場合は、「はい」をクリックしてください。

ない場合は、「いいえ」をクリックします。

住所録の取り込みについては、本記事下部でご紹介しております。

宛名の新規登録

画面左下にある、プラスマークの付いた人型のアイコンをクリックします。

宛名編集画面が表示されますので、情報を入力してください。

最低限必要な情報は、赤い線を引いた部分、「郵便番号」、「住所」、「氏名」の3箇所になります。

「郵便番号」を入力したら、虫眼鏡マークをクリックすると住所が途中まで自動で入力されます。

入力が済んだら、右下にある、「登録」ボタンをクリックします。

入力した内容が登録されていれば、宛名入力は完了です。

同じ手順で、必要な人数の宛名を繰り返し入力していきます。

住所録の管理

登録した住所を管理する方法を見ていきましょう。

まずは、上の赤い枠線の中で、「フォントと色」を選択します。

選べるフォントの数や色の数も十分過ぎるほど用意されています。

編集したい宛先にチェックを入れると、下の赤い枠線の中のすべてのツールを利用することが出来るようになります。

操作出来る内容は以下になります。(左から)

  • 選択した宛名を印刷する
  • 選択した宛名を印刷から除外する
  • 宛名の新規追加
  • 選択した宛名の編集
  • 選択した宛名の削除
  • 住所録管理画面を開く

印刷

住所録の右下にある、「印刷設定」をクリックすると、設定画面が表示されます。

印刷の設定の方法は、通信面の設定の時と同じ方法ですので、特に問題はないと思います。

再び、住所録画面を開きたい場合は、左上にある、「住所録」をクリックします。

  • プリンター:複数のプリンターがある場合のみ選択してください。
  • 用紙サイズ:はがきサイズに設定されていますので、変更の必要はありません。
  • レイアウト:「ふちなし」か「ふちあり」の選択をします。基本的にはデフォルトのままで良いと思います。
  • 給紙方法:基本的に変更の必要はありません。
  • 用紙種類:印刷する用紙の設定を行なってください。特に写真印刷をする場合は変更を忘れずにするようにしましょう。
  • 印刷品質:写真印刷をする場合は「きれい」を選択するようにしましょう。
  • 印刷ページ:基本的に変更の必要はありません。
  • 印刷枚数:印刷する枚数を指定します。

住所録の取り込み

今まで他の年賀状ソフトを利用していて、すでに住所録をお持ちの方は、住所録をファイルに書き出せば、Epson Photo+に取り込む事が可能です。

なお、利用しているソフトによっては、住所録を書き出すことが出来ない場合がありますので、お使いのソフトをご確認ください。

住所録を開いて、赤い矢印の先にある、「住所録管理画面を開く」をクリックすると、住所録管理画面が開きます。

赤い枠線で囲った、「住所録の読み込み」をクリックします。

ファイルの選択画面が表示されますので、該当するファイルを選択して開きます。

他のソフトから保存したファイルがデスクトップなど別の場所にある場合は、その場所から開くか、事前にEpsonのフォルダに移動させておいてください。

無事にファイルが読み込まれました。

先程まで登録していた宛先は1人でしたが、新たに1人追加されました。

住所録の書き出し

住所録管理画面を開きます。

住所録の書き出し」をクリックします。

ファイルの保存画面が表示されますので、「保存」をクリックします。

以上で、住所録がCSV形式として保存されました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

宛名面の作成方法もとてもシンプルで使い勝手の良さが本当に魅力の年賀状作成ソフトです。

Epson Photo+ は控えめに言っても、2022年度版、無料年賀状作成ソフトの中では最も使い勝手がよく、エプソンのプリンターをお持ちの方にはぜひお勧めしたいソフトです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

年賀状作成の際に、少しでも参考になれば幸いです。

Epson Photo+ での通信面の作成方法は、以下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました